Sweet-dress.net

 

ウェディングドレスの種類

レンタルウェディングドレス

レンタルしているウェディングドレスはレンタルウェディングドレスを扱うショップや披露宴会場内などで借りることができるのが一般的です。
レンタルウェディングドレスは安価なnedanで借りれるので、高級なドレスでも借りることができます。
ただし、レンタルなのでサイズ調整が多少融通の利かないウェディングドレスもあるので頭に入れておいてください。
ウェディングドレスを借りるときに小物などまとめて、料金に含まれていることが多いのが特徴です。
ウェディングドレスを会場で借りるときは、ドレスの種類やサイズがどのくらいあって、他に提携しているところがないか確認するようにしましょう。
他の提携しているところからウェディングドレスを借りてきたときは、持ち込み料(保管料)などが掛かることも確認するようにしましょう。
気に入ったウェディングドレスがあったら、すぐに予約するようにしましょう。
いろんなウェディングドレスを見て、やっぱりあのウェディングドレスが良いと思っても、すでに予約されてしまってたということがあるので、そういったことにならないように気をつけてください。

 
 

オーダーレンタルウェディングドレス

自分でオーダーしたウェディングドレスを作ってもらって、ウェディングドレスを着た後、返却します。
自分のウェディングドレスにはならないのですが、オーダーのウェディングドレスを作ることができるので、自分の好きなドレスを着たい人には、便利なシステムだと思います。
しかし、あまり取り扱っているお店は少ないので、ホームページなどで探してみて、あったら問い合わせてみても良いでしょう。

 
 

既製品のウェディングドレス

ドレスショップなどで既製品のウェディングドレスを購入して、サイズを直すこともできるのですが、レンタルのウェディングドレスと同じように限度があるので気をつけましょう。

 
 

フルオーダーウェディングドレス

何回もデザイナーと相談して、ウェディングのデザインや生地素材など、あなたが好きなウェディングドレスを一から作ることができるのです。
ただし、ウェディングドレスの製作まで時間が掛かるので、時間に余裕を持たせてオーダーするようにしましょう。

 
 

セミオーダーウェディングドレス

基本のウェディングドレスにスリーブやネックなどのデザイン、素材などを数種類の中から選び、好きなようにアレンジすることができ、フルオーダーのウェディングドレスよりも早く作れるし、フルオーダーのウェディングドレスよりも価格を抑えることができます。

 
 

オーダーメイドのウェディングドレス

オーダーメイドのウェディングドレスは、新着のウェディングドレスや好みのウェディングドレス、自分のサイズにピッタリのウェディングドレスを着れることがメリットです。
自分だけの特別なウェディングドレスを着れるのは、レンタルのウェディングドレスとは違う喜びを感じることができるでしょう。
体格が同じぐらいであれば、姉妹で着用することができるのもメリットかもしれなません。その反面、価格は高くなってしまい、完成までに時間が掛かるといった欠点もあります。
オーダーメイドのウェディングドレスは完成までに通常2ヶ月〜4ヶ月ぐらい掛かります。
セミオーダーのウェディングドレスでもサイズ直しに1ヶ月ぐらい掛かるので、時間に余裕を持って早めに注文した方が良いでしょう。
それに式場によって、ウェディングドレスの持ち込み費用が発生するところもあるので、式を挙げるときにはそういったところもよく調べておいた方が良いでしょう。式場によっては10万円ぐらいの持込料を請求するところもあるので、気をつけましょう。

Favorite

最終更新日:2016/9/23