Sweet-dress.net

 

ウェディングドレスの試着

ウェディングドレスが自分に似合っているかどうか、試着をしてみないとわかりません。ウェディングドレスの試着をするときは、まず最初に試着の予約を行ってから試着をするのが一般的です。
ウェディングドレスは、自分ひとりだけで試着することができなく、ウェディングアドバイザーなどが案内してくれるときが多く、予約してからウェディングドレスの試着をするのがマナーです。
それに土日や祝日など、人が多くて混雑する可能性があるので、できれば平日に行ってゆっくり、ウェディングドレスを見た方が良く、ウェディングアドバイザーの人に結婚式の予定やどういった式場なのか教え、自分が着たいウェディングドレスはどういった感じのウェディングドレスなのかを伝えましょう。
雑誌などを見て、気に入ったウェディングドレスなどがあれば、雑誌を切抜いて持って行き、どんなイメージなのか、すぐに伝わるようにしましょう。
また、特にどんなウェディングドレスが良い、というのが決まってなくても良いでしょう。実際にウェディングドレスを試着してみると、結婚という実感が湧いてくると思います。

ウェディングドレスを試着したときに写真を撮って良いのであれば、写真を撮っておいた方が良いましょう。
ウェディングドレスのお店によっては、写真の撮影がダメなところもあるので、そういったところは事前に確認するようにしていた方が良いでしょう。
一回でウェディングドレスの試着の回数が制限されているところが多いので、何日かに分けてウェディングドレスの試着をするようにしましょう。
また、ウェディングドレスの試着に行くときは私服でも大丈夫なのです。

 
 

ウェディングドレスの試着時のポイント

ヘア、メイク

ヘア、メイクは本番をイメージした化粧をしていき、ヘアスタイルはアップにした方がウェディングドレスを着たときによりイメージすることができます。

ストッキング

ストッキングは必ず着用してウェディングドレスを試着しましょう。

下着

ウェディングドレス試着しているときのブラジャーはストラップが取り外すことができるものを着けていくと便利です。

靴は脱ぎやすいものが良く、ブーツや紐靴などは避けた方が良いといえるでしょう。

その他、持ち物

カメラなど持っていった方が良いのですが、お店によって撮影NGのところもあるので、そういったことは事前に確認するようにしましょう。
挙式当日の新婦は360度あらゆる角度から見られるので、撮影するときは正面だけでなく、横や後ろなどからも撮影するようにしましょう。

 
 

フィッティングのポイント

首周り

スタンドカラーは首から肩のラインを必ずチェックして、程よくフィットしていたらフェイスラインもすっきり見えます。
裾の長さは当日履きたい高さのヒールを履いてからチェックするようにしましょう。フルレングスなら床から2〜3cmぐらいに裾の中央がくるのが良いでしょう。

バスト

トップとアンダーバストがちゃんと合っているかチェックして、サイズが合っていない場合、不自然なシワができるので注意しましょう。
お辞儀をしたときにインナーが見えないかなども必ずチェックするようにしましょう。

アームホール

袖つきの場合は腕を回してもきつくないかをチェックし、ノースリーブやビスチェタイプの場合、ぴったりフィットしていないとずれ落ちたりして下着が見えたりするので注意しましょう。

袖の長さ

袖の長さや太さ、広がりなどがウェディングドレスを着たときにちゃんとと合っているかをチェックを行い、実際に肘をのばしたり、曲げたりしながら確認するようにしましょう。

括れの位置が合っているかなどウェディングドレスを着たときにチェックして、細く見せようときつくしたら、縦にシワができたり、気分が悪くなるなどあるので、両脇を摘んみ合わせて、約4センチぐらいの余裕があると大丈夫です。

素材

薄手のスリムなデザインのウェディングドレスは、下着のラインが出ないかなどチェックを行い、着心地や動きやすさなどを必ず確認するようにしましょう。

check

みずほ銀行
https://www.mizuhobank.co.jp/index.html
安心の長茎術
http://www.fbc-choukei.com/

Last update:2015/4/15